検索結果を完全に切り分けたページを作成したい。

不動産の「賃貸・売買」や求人の「アルバイト・正社員」など検索一覧ページ(コンテンツ)を
完全に切り分けたい場合には、データ種別という機能を使用することで対応可能です。
こちらは、データ登録時に、任意のカテゴリー分けとして使用することが可能です。
※最大8パターン

不動産を例にしますと
賃貸物件:type1
販売物件:type2
として、完全にデータの種別が異なる扱いをすることが可能となります。
これにより、type1だけを出力するコンテンツ(検索や新着など)などの作成が可能です。
※コンテンツ作成時に、どのデータ種別を出力するかを指定可能です。(複数指定可能)

この回答はお役に立ちましたか?
どのような点でお困りでしたでしょうか?※こちらへのコメントには返信できません。弊社より回答が必要な場合は、右上の「質問をする」よりお願いします。

関連キーワード【ID:11676】

PAGE TOP